« ケーブルカーとトロッコに乗る黒部ルート見学会 | トップページ | 昆明からハノイまでの国際列車 »

2008/04/19

由比で桜えび三昧

P10103571

みなさん,桜えびってご存知ですか。寿司屋(含む回転)でも見かけることが多いのですが,桜えびって,静岡県の由比港と大井川港でしか水揚げされない貴重なエビなんだそうです。

私が桜えびファン(?)になったのは7年前。当時JR東海が発売していた「日本往来・東海道ウォーキングきっぷ」を使って,東海道のハイライト区間を何回かにわけて歩いたときに出合ったのでした。何だか水っぽい首都圏の桜えびとは,まったく違う食感に驚きました。それ以来,春の漁期に通りがかると,由比で途中下車して桜えびを食べるようになったわけです。桜えび漁は,3月下旬から6月上旬の春漁,10月下旬から12月下旬までの秋漁に分かれます(参考にしたのはこのページ)。ここから先は個人的な推測ですが,海産物は産卵期の前においしくなりそうなので,春が狙い目ではないかと思っているわけです。

というわけで前置きが長くなりましたが,桜えびシーズンに入ったことをお祝いして,2007年4月28日に由比で桜えび料理を食べたときの報告。お店は「海の庭」。由比駅から新蒲原駅に向けて20分くらい歩いたところの右手にあります。

ちょっとふんぱつして,一番豪華な「桜えび三昧」(写真,クリックすると拡大)をいただきました。ちなみに2000円でした。上段は左から,桜えび佃煮,釜揚げ桜えびサラダ,生桜えび,生桜えびかき揚げ。下段は左が桜えびちまき,右の皿に乗っているのは,桜えび入りとろろ寄せ揚げ,桜えび入りとろろ磯辺揚げ,桜えびゆば。その上のお椀が桜えびすまし汁です。中でもおいしかったのは,かき揚げと生桜えびでした。幸せでした…。

実は,2005年4月9日には「くらさわや(倉沢屋)」という店にも行きました。こちらは,由比駅から興津駅(薩垂峠)方面に20分ほど歩いたところ。大変評判の店らしく,開店直後に行ったのに30分ぐらい並びました…。こちらでは,すごくふんぱつして,「桜えびづくし定食」(写真5枚,クリックすると拡大)をいただきました。ちなみに,4200円しました…。
Rimg19841これは生桜えび。

Rimg19851酢の物と釜揚げ。

Rimg19861桜えびしんじょう。

Rimg19871かき揚げ。

Rimg19881そして,桜えび釜めし。

大変おいしかったです。でもちょっとぜいたくしすぎました…。

この近辺は,桜えび料理が食べられるお店が,昼食だけいただける旅館も含めて何店もあります。インターネットで評判を調べてみると,少なくとも「海の庭」がずばぬけておいしいということではないようです。が,私には「海の庭」でも十分おいしいわけです。

ちなみに由比は,ゴールデンウイークに「桜えびまつり」が開催されます(2008年は5月3日)。かき揚げを食べたり,漁船で駿河湾を遊覧できるみたいなので,みなさんもこの機会に桜えびを試されてはいかがでしょうか。

|

« ケーブルカーとトロッコに乗る黒部ルート見学会 | トップページ | 昆明からハノイまでの国際列車 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 由比で桜えび三昧:

« ケーブルカーとトロッコに乗る黒部ルート見学会 | トップページ | 昆明からハノイまでの国際列車 »