« シャモニーでモンブランを眺めながらモンブランをいただく | トップページ | フィリピン国鉄に乗ってレガスピ観光 »

2008/04/28

氷川丸でシアトル航路をしのぶ

P10409971旅行好きの人なら,一度は米国西海岸(カナダ,アラスカでも可)までの太平洋航路の船旅を楽しみたいと思っていることでしょう(ちょっと強引ですかね…)。米国西海岸で日本から一番近いのがシアトル。日本とシアトルを直線で結ぶ航路は,アリューシャン列島をかすめることになります。アリューシャン列島は低気圧の墓場。晴れの日は年に十日ほどしかないそうですが,天気がよければ雪をかぶった火山や,ラッコ,アザラシなどと遭遇できるはずです(たぶん)。

そんなシアトル航路に1960年まで就航していたのが氷川丸。今は山下公園に係留されています。2年前(2006年)までは,「氷川丸マリンタワー」という会社が所有しており,入場料を払えば中に入れました。しかし,会社の解散とともにそれができなくなってしまいました。実は氷川丸には行ったことがなかったので,「2度と入れないのか…」と残念に思っておりました。ところが2008年4月25日の新聞に「今日から公開」という日本郵船の全面広告が出ていました。シアトル航路を運営していた船会社が買い戻して,また中を見学できるようにしてくれたのでした。

というわけで2008年4月27日,氷川丸を見学してきました。入場料は200円でした。シアトル航路の乗客の立場で見てきました。

P10500041
まずは1等区画から。

こちらは1等児童室。スチュワーデスさんがいて託児もしていただけたそうです。「子供を預けてゆっくり食事ができました」とのこと。なるほど。

P10500071こちらは1等食堂。タキシード,イブニングドレス着用といったドレス・コードがあったようです。

なお,当時の日本郵船は,外国航路の楽しみの大きな割合を占める食事に力を入れており,腕利きのコックを高給で雇い入れていたのだそうです。基本は洋食だったようですが,航路中1回は必ずすき焼きを出したとか,チャップリンが乗船したときは好物の天ぷらを毎晩のように出したとか。何だか粋ですね。

でも,毎晩豪華な食事をして,運動ができない環境では,太ってしまわないか心配です…。

P10500131こちらは1等社交室。船首近くにあって,眺めもよさそうです。昼間は椅子やじゅうたんがしつらえられているのですが,夜になると片付けられ,食事の後は毎晩のように舞踏会が開かれていたとか。舞踏会って,そんなに楽しいものでしょうか…。

P10500191もちろん,舞踏が苦手な方でも大丈夫。こちらの1等喫煙室で男同士の話で盛り上がることも可能です。ちなみにここの(実はここに限らず)天井,けっこう凝ってました。

P10500091舞踏会も男の会話もたばこも苦手な方は,1等読書室をご利用いただけたようです。これはいいかも。

P10500251こちらが基本の1等客室。コンパクトにまとまってます。ビジネスホテルの小さめの部屋っていう雰囲気です。ただしアウトバス(バストイレは共同)。シングルタイプとツインタイプを展示してました。

P10500271P10500301P10500311
1等には特別室もあります。寝室,バスルーム,リビングが3室セットのスイートになっています。それでも,そんなに広々としているわけではありません。当時の客船はスペース上の制約が大きかったのでしょう…。

P10500451
ちなみに氷川丸には1等客室のほかに,ツーリスト・クラス(2等客室),3等客室がありました。ツーリスト・クラスは見学できませんでしたが,3等は見学できました。3等船室は,2段ベットが4組ある,8人相部屋です。雑魚寝かと思っていたらそうではなかった。これくらいならそこそこ快適に旅行できそうかも。ただし3等は下層にあって機関室に近いのでうるさかったかもしれません。また,甲板に出ることも自由にはできなかったそうです。ちょっとつらいかもしれませんね。

3等の食事は,あじの干物やさんまといった和食中心だったようです。食事は3等のほうが私好みですかね…。ノーベル賞を取られた小柴昌俊博士はフルブライト留学生として氷川丸の1等客室に乗船したそうですが,1等の食事にあきて,ときどき3等のお客さんと食事を取り替えていたそうです。

私も1等に乗船して,3等のごはんを食べるというのがよさそうな気がします。これなら甲板の散歩も自由なはず。

ちなみにシアトルまでのお値段は,1930年(昭和5年)当時,1等で500円(250ドル),ツーリストクラスで250円(125ドル),3等で110~140円(55~70ドル)。日本郵船の初任給が70円だった時代ですから,当時の1円は今の5000円くらいの感覚でしょうか。そうだとすると,1等250万円,ツーリストクラス125万円,3等60万円ってことになります。

…。やっぱり自腹でいくとすると,3等ですね…。

氷川丸は,乗客用の区画だけでなく,操舵室,船長室,機関室なども見学できます。山下公園に行かれたときだけでなく,中華街や元町から足を伸ばして立ち寄るのもいいかもしれません。

2009年12月26日修正:ドル建ての運賃が間違っていました(4倍になっていた)。ごめんなさい。修正しました。

|

« シャモニーでモンブランを眺めながらモンブランをいただく | トップページ | フィリピン国鉄に乗ってレガスピ観光 »

関東」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷川丸でシアトル航路をしのぶ:

» 日本郵船氷川丸(神奈川県横浜市) [kahy.info あおいのナチュラルライフ]
先月4月25日にリニューアルオープンした横浜港の氷川丸にさっそく出掛けました。(... [続きを読む]

受信: 2008/05/09 21:27

« シャモニーでモンブランを眺めながらモンブランをいただく | トップページ | フィリピン国鉄に乗ってレガスピ観光 »