« フィリピン国鉄に乗ってレガスピ観光 | トップページ | 城ヶ島から三崎まで漁船で渡る »

2008/05/12

長崎の離島でモンゴル観光

P10502101長崎県の離島,鷹島はモンゴルゆかりの地です。今から700年以上前,1275年と1281年,あの元寇でモンゴル軍が鷹島にやってきました…。

というわけで,鷹島にはモンゴル村というレジャー(リゾート?)施設ができています。そのモンゴル村に2008年5月4日に行ってきました。

鷹島に行くには,唐津からバスで1時間程度の星賀からフェリー,松浦鉄道の鷹島口駅近くの今福港からフェリー,同じく松浦鉄道の御厨駅近くの御厨港からフェリーのどれかを使うことになります。鷹島の中にバスも走っているようですが,モンゴル村に行くにはあまり便利とはいえないようです。そこで,ほかの目的地との兼ね合いも計算した結果,佐賀で借りたレンタカーで上陸,島内を車で移動することにしました。今福港から40分,鷹島のほぼ南端の殿浦に上陸。そこから15分ほどで,鷹島北端のモンゴル村に到着しました。

モンゴル村には,モンゴルの居住用テント,「ゲル」(パオ)が30棟ほど(Webページによる)並んでいます(トップの写真)。そのほかに温泉,バーベーキューハウス,遊具,原っぱなどがあり,ゲルに泊まりながら楽しめるという趣向です。もちろん日帰りもOK。私は日帰りで行ってまいりました。入場料は300円。

P10502121ゲルの一つは見学できるようになっています。直径6メートル,高さ2.5~3メートルということで広々としています。なかなか快適そうです。壁に沿ってベッドが並べられています。遊牧民の家らしく,ちょっとバターの香りがしました。ただ,本物と違い,ここのゲルにはエアコンが付いていました。快適に過ごすためになのでしょうが,本場と気候が違うというのも理由かもしれません。多湿の日本でそのままにしておくとカビが生えたり,においがきつくなったりしてしまいそうです。

モンゴル村の中には,モンゴル生活館というミニ博物館もあるようです。が,気付きませんでした。惜しいことをした…。温泉も入りませんでした。モンゴルとあんまり関連が感じられませんでしたので。

P10501781P10501801モンゴル村の西のはずれには,夕日がきれいらしい,海を見渡すシンボル広場があり,モンゴル村中央から200メートルほどのスロープカーで移動できるようになっています(徒歩でも移動できる)。モンゴルには海はないし,スロープカーもたぶんないので,モンゴルつながりは感じられないのですが,なぜかスロープカーには乗って,シンボル広場に行ってきました。スロープカーの往復料金は300円。左はスロープカー,右はスロープカーの車内からシンボル広場方向の進行方向を眺めたところです。P10501811

車内の座席はすべてシンボル広場向きでした。

P10501931

シンボル広場からの眺め。夕日を見ないとホントの良さはわからないかもしれませんね…。

P10501851というわけで,モンゴル村には20分ほど滞在しただけで次の目的地に向かいました。

博多からそんなに遠くないにもかかわらず,モンゴル村はあまり来客がなく,経営的には苦戦しているようです。素人目にもちょっとコンセプトの煮詰めが甘いかなという感もあるのですが,交通が不便というのも苦戦の大きな理由ではあると思います。

でも,(たぶん)大丈夫。2009年には,鷹島には総工費200億円の架け橋がかかります。人口2500人ほどの島には過大な投資とも思えるのですが,300円ほどの通行料で,あっという間に鷹島に渡れることになります。考えてみれば本物のゲルはなかなか見れないし,ましてや実際に泊まってみることは,モンゴルに行ったとしても難しいことでしょう。草原で1日遊んでゲルに泊まるのは,忘れられない思い出になりそうです。


|

« フィリピン国鉄に乗ってレガスピ観光 | トップページ | 城ヶ島から三崎まで漁船で渡る »

ケーブルカー・スロープカー」カテゴリの記事

中国・四国・九州」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6066/41165078

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎の離島でモンゴル観光:

« フィリピン国鉄に乗ってレガスピ観光 | トップページ | 城ヶ島から三崎まで漁船で渡る »