« みかん山モノレールで鍾乳洞見物(その1)(奈良県洞川温泉五代松鍾乳洞) | トップページ | みかん山モノレールで鍾乳洞見物(その2)とわらびもち(奈良県洞川温泉面不動鍾乳洞) »

2008/08/02

長良川の小紅の渡し(岐阜県岐阜市)

P1030199岐阜市は長良川の街。観光といったら鵜飼見物がすぐ思いつきます。鵜飼見物はそんなに気軽に楽しめるものではないので体験したことはないのですが,そんな岐阜市に長良川を渡す渡し舟「小紅(おべに)の渡し」があると聞いて,行ってきました。こちらはお手軽に楽しめちゃいますから…。2007年9月15日に乗ってきたときの報告です。

場所はここ。左側が下流。右側が上流。JR東海道本線の西岐阜駅のちょっと北側に位置します。とはいっても西岐阜駅から歩いていくのはちょっと大変そう(たぶん30分近くかかる)なので,名鉄岐阜からバスに乗っていきました。JR岐阜駅を経由して鏡島弘法前まで岐阜バスで約20分,200円。Webページで時刻も調べられます。1時間に何本か出ているようで,ほとんど待たずに乗れました。

詳しい地図で見る

P1030180鏡島弘法(乙津寺:おっしんじ)は,813年に弘法大師が37日間祈祷をされたという由緒のあるお寺(案内板による)。縁日はにぎわうらしいのですが,ちょっとさびしげなたたずまい。

P1030187
お寺を抜けると長良川の土手の階段に「小紅の渡し」の案内がありました。

P1030188土手の上から小紅の渡し方面を望んだところ。拡大してみるとわかると思いますが,写真の中央やや左,対岸の土手に渡し小屋が見えます。

岸辺にたどり着いたところで合図すると,やってきてくれます(トップの写真)。声を出したか,手を振ったかは覚えていません…。旗ではなかったと思います。

船は船外機(エンジン)付きでしたが,時代劇に出てきそうな木造船。

P1030203乗り込むと,さっそく岸を離れます。ちなみにこの渡船も県道扱いでただ。貸切で楽しい思いをさせていただいて,もうしわけないです…。

あっというまに対岸に到着。

P1030204これが船。

P1030205これが渡し小屋。拡大してみると,小屋の右上に,渡しの由来や利用案内が書いてある説明が読めます。

帰りは,上の地図のミニストップがある一日市場2の交差点まで歩き一日市場バス停へ。ここから岐阜バスに乗り,JR岐阜駅まで戻りました。約30分,200円。こちらはバスの本数が少ないです。利用される方は,事前に時刻を調べておくことを強くお勧めします。

長良川には,ここのほかに2本の渡し船があるようです。そちらもただなのですが,いずれも2日前までに予約が必要です。予約したら,雨が降ろうが嵐が来ようが乗らなければ申しわけないような気がするので,なかなか乗りに行く決心がつきません…。

|

« みかん山モノレールで鍾乳洞見物(その1)(奈良県洞川温泉五代松鍾乳洞) | トップページ | みかん山モノレールで鍾乳洞見物(その2)とわらびもち(奈良県洞川温泉面不動鍾乳洞) »

中部」カテゴリの記事

渡船」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長良川の小紅の渡し(岐阜県岐阜市):

« みかん山モノレールで鍾乳洞見物(その1)(奈良県洞川温泉五代松鍾乳洞) | トップページ | みかん山モノレールで鍾乳洞見物(その2)とわらびもち(奈良県洞川温泉面不動鍾乳洞) »