« アラスカ州営鉄道に乗って氷河見物(その1) | トップページ | アラスカ州営鉄道に乗って氷河見物(その2) »

2008/08/23

ケーブルカーで鍾乳洞見物(岐阜県郡上市大滝鍾乳洞)

P1060431
夏も残り少なくなってきました。ふだんは車でしか行けない観光地の中には,夏の間だけ送迎バスを運行するところがあります。そんな中のひとつ,岐阜県の大滝鍾乳洞に2008年8月15日に行ってきました。ケーブルカー付きの鍾乳洞としても有名なところです。

場所はここ。

詳しい地図で見る

大滝鍾乳洞の案内には,「郡上八幡駅からタクシー15分」とあります。15分のタクシーということは,料金は2000円を超えることでしょう。調べた結果,近くのバス停は,谷道を5kmほど下ったところに岐阜と郡上八幡を結ぶローカルバスが停まる「郡上温泉鍾乳洞前」,山道を3kmほど登ったところに郡上八幡の近郊バスが停まる「安久田口」,があることがわかりました。これでは,歩いていくのもたいへんそうです。

でも大丈夫。夏の日曜日とお盆期間中は郡上八幡の市内から送迎バスが出ていました。Webページには書いていないのですが,電話して確かにあることを確認しました。これなら自分で車を運転しなくても,とのさま気分でバスで案内してもらえるわけです。で,さっそく行ってみました。

P10603941郡上八幡までは,岐阜発のバスに乗っていきました。お盆休みで郡上八幡の大きなお祭りの当日ということもあって,バスは大きく(30分程度)遅れましたが,何とか郡上八幡に到着。電話で聞いて狙っていた10時50分郡上八幡駅発のバスは間に合わなかったのですが,次のバスに町の中心街にある「城下町プラザ」から乗りました。

ちなみに,郡上温泉鍾乳洞前に送迎バスは停まるので,そこで乗り換えていたら,当初狙っていたバスに乗れたようです…。まとめておくと,
岐阜や名古屋からの高速バスは「城下町プラザ」,
長良川鉄道は「郡上八幡駅」,
岐阜からのローカルバスは「郡上温泉鍾乳洞前」,
で乗り換えが便利なわけです。

ただ2009年は,送迎バスが運行されるか,時間や経由がどうなるかはわかりません。2008年のようにWebページに掲載せずに運行しちゃう可能性も高いと思いますので,2009年以降にバスで行かれることを検討される方は,事前に大滝鍾乳洞に問い合わせることを強くお勧めします。

P1060396乗ったのはこんなバス。送迎バスなので,もちろんただ。鍾乳洞は思いのほか混雑しており,鍾乳洞手前の山道は大渋滞。城下町プラザを20分遅れで出発したバスは,鍾乳洞に40分遅れで到着しました。

P1060440大滝鍾乳洞一帯は,釣堀あり,流しソーメンあり,石焼料理あり,もちろん売店も食堂もありの,ちょっとしたレジャーランドでした。たいへんな人出で,なんだか1970年代ぽい感じです…。

P10603981鍾乳洞見物は,Webページから印刷した割引券で2割引の800円。ケーブルカーの列に並びます。

鍾乳洞の入り口が高いので,行きだけケーブルカーに乗るというしくみ。鍾乳洞の出口はさらに高いところにあるのですが,下りなのでこちらはケーブルカーなし。

当日は,1年で1番混雑する日ではないかと思うのですが,それでも10分程度待ちで乗れました。

P1060406ちなみにケーブルカーは1両で3室,24人定員でした。鉄製の車輪と台枠の上に木製の車体が乗っかっている構造のようです。
P10604031数十メートルを2分強で登ります。木製の車体をギシギシきしませながら登っていくのがいい感じです…。

P10604141鍾乳洞もなかなかいい感じでした。なにしろ涼しいですしね…。ちなみにここの鍾乳洞は,鍾乳石が鉄分を含んで赤いのが珍しいんだそうです。

送迎バスは2008年は残り2日,2009年も夏休みに運行される可能性は高そうです。夏の思い出作りに,送迎バスとケーブルカーに乗る鍾乳洞はいかがでしょうか…。


|

« アラスカ州営鉄道に乗って氷河見物(その1) | トップページ | アラスカ州営鉄道に乗って氷河見物(その2) »

中部」カテゴリの記事

ケーブルカー・スロープカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルカーで鍾乳洞見物(岐阜県郡上市大滝鍾乳洞):

« アラスカ州営鉄道に乗って氷河見物(その1) | トップページ | アラスカ州営鉄道に乗って氷河見物(その2) »