« 井川の渡船と廃線跡(静岡県静岡市) | トップページ | 豊川の牛川の渡船(愛知県豊橋市) »

2008/09/08

アラスカ縦断列車の旅

P1160204
アラスカで氷河見物(その1その2)をしたときの続きです。

本題に入る前にちょっと余談。

アンカレッジには4日間いました。そのうち2日は氷河見物で,1日はレンタカーを借りてアリエスカ・リゾート(日本のコクド/西武鉄道グループの経営で日本のスキー場そっくりのロープウエイがある)に,残り1日はアンカレッジ市内の路線バス(People Mover)に乗って市内観光。アンカレッジに行く人に有益かもしれない情報を2つ。

アンカレッジお勧め観光ポイント
お勧めなのは,アンカレッジの町外れにあるAlaska Native Heritage Center Museum(アラスカ先住民文化継承センター博物館,ちょっと意訳)です。硬い名前ですが,言語不自由な日本人でも楽しめる展示が屋内,屋外にたくさんありました。アラスカに昔から住んでいたいくつもの民族とその文化の紹介は,旅行好きにはたまらないですね…。ちなみに私はいつかぜひアリューシャン列島に行きたいと思っているのですが,そこに住んでいたアリュート族のみなさんは,日米が戦った第二次世界大戦に巻き込まれてアリューシャン列島に住めなくなり,今でも帰れないんだそうです…。ごめんなさい…。入場料は当時19.95ドル(2545円)。中のレストランでチーズバーガー(7.5ドル,935円)とカナダドライ(1.25ドル,256円),「The Native People of Alaska」(アラスカ先住民)という書籍(8.95ドル,1192円)を購入した記録が残っています。ちなみに私は路線バスで行きましたが,本数が少ない上にバス停からちょっと歩きます。今は市内から送迎バスが運行されているのでそれを利用するか,レンタカーを利用されるといいでしょう。

アンカレッジの食事
アンカレッジの食事ですが,まあまあですかね。自由旅行者向けのガイドブック「Lonely Planet」を見ながら高めでおいしそうなところもチャレンジしましたが,日本のレストランは相当水準高いと再認識するわけです(特に日本人にとって)。1回シェラトンホテル(今はWestmark Hotelになっているらしい)のきむらや寿司舗で鮨ビール味噌汁(29.5ドル+チップ3ドル,4109円)をいただきました。値段の割においしかったのですが,日本人の寿司職人さんは,「一番の上物は日本に行ってしまう」とおっしゃってました。お金のあるところにいいものは集まるってことですね。今はひょっとして,日本を通り越して中国に行ってしまったりするのでしょうか…。

というわけで,4日間アンカレッジ観光を楽しんだ後,2001年7月11日に,アンカレッジからフェアバンクス(Fairbanks)までアラスカ州営鉄道の看板列車「Denali Star」に乗って移動しました。

Denali Starは,途中アラスカの山岳リゾート,デナリ(Denali)を経由して356マイル(573km)ほどの区間を12時間ほどで走ります。この区間を通しで走る列車は,1日1往復のDenali Starだけ。このほか沿線で旗を振るとどこでも停まって乗せてくれる「フラッグストップ列車」(Flagstop Train)が一部区間で一日一往復しています。こちらもぜひ,できることなら途中から旗を振って列車を止めて乗りたかったのですが,スケジュールの関係で断念しました…。冷静に考えると沿線は熊もたくさんいるはず。やたらなところで乗り降りしていると熊に襲われる可能性があります。フラグストップ列車で途中乗降を体験されたい方は,事前にアラスカ鉄道のスタッフとよく相談されることをお勧めします…。

さて,話は戻ってDenali Star。きっぷは2日前,7月9日の朝に買いました。運賃は175ドル,2万2750円(当時)。東京から大阪ほどの距離ということを考えれば高いですね…。でも,それだけの価値はあると思います。

で,当日の朝。8時15分の出発に合わせて駅に向かうと,たいへん長い列車が停まっていました(トップの写真)。機関車が2両,青地に黄色い帯が入ったアラスカ州営鉄道の客車が荷物車や食堂車を含めて8両。ツアー会社の客車が2種類5両ずつ,計20両でした。アメリカの鉄道客車は1両26メートルほどらしいので,500メートルほどの長さになる計算です。ちなみに機関車の2両目は本土(?)の旅客鉄道会社アムトラック(Amtrak)の機関車でした。夏の観光シーズンだけ借りるために,シアトルあたりから船で運んでいるんでしょうか。

P1160208
途中の駅で乗っている車両から前方を撮影してみました。

P1160210
同じく後方。

ちなみに家計簿の記録によると,カジュアル・ダイニング(Casual Dining)で2回コーヒーを飲み,メイン・ダイニング(Main Dining)でランチをいただいたようです。食堂車が2両付いていたのか,1両を時間帯で使い分けていたのかは覚えていません…。

P1160217午後1時ごろいただいたランチ。まずは,ビール(4.5ドル,561円)とスープ(2ドル,249円)。

P1160216景色を眺めながらいただきます。

P1160218お昼はサラダにしました。ちょっと凝ってますね…。9.5ドル,1184円。

さらに違う種類のビール(4.5ドル,561円)をいただき,最後はコーヒー(1.5ドル,187円)。合計22ドルにチップ3ドルを付けて25ドル(3116円)。ビール飲みすぎですね…。ここはクレジットカードが使えませんでした。現金払い。

P1160222
P1160224大自然の中を走ります。
P1160229途中,フェアバンクス発アンカレッジ行きのDenali Starと行き違い。ここで乗務員は反対向きの列車に乗り換えます。日帰り勤務にするためですね。

P11602381
アンカレッジから約8時間,午後4時ごろデナリに到着。ここでかなりの方が降りられました。
P1160247
列車はさらにフェアバンクスに向かいます。デナリの近くでは,ラフティングを楽しんでおられる方もいました。
P1160248

フェアバンクスは,アンカレッジより観光都市っぽいところでした。一時期ゴールド・ラッシュでにぎわったらしく,エルドラド金山(El Dorado Gold Mine)観光(当時27.95ドル,3550円,ちなみにトロッコに乗れる),外輪船で歴史観光(Riverboat Discovery,当時39.95ドル,5074円,外輪船に乗れる),アラスカランド(たしか入場無料,遊覧鉄道2ドル,249円,焼きサーモンバイキング食べ放題で21.95ドル,2787円,ただしサーモンに変なソースかけられておいしくない)などがあります。いずれも,市内から送迎バスが出てたと思います。

お勧めは,アラスカ大学フェアバンクス校博物館(Univ of Alaska,Museum of the North)。入館料,オーロラショー,先住民の方の歌と踊りの実演,音声ガイドがセットで16ドル,2032円。自然に関する展示も,文化に関する展示も充実していました。ちなみに私は路線バスで行きました。1日乗車券で3ドル,374円。主要ホテルから送迎バスもあるみたいです(もちろんタクシーやレンタカーで行くという手もある)。ついでに学食でお昼を食べました。焼きそば大盛(Yakisoba Noodle, Large)が4ドル(499円),クラムチャウダーパン付き(Clam Chawder with Bread)が3.25ドル(405円)。なかなかリーズナブルでよいのではないでしょうか(味は記憶にない)。

とは言っても,フェアバンクスは米国の普通の町。大きなショッピング・センターがあり,同じような店があるわけです。やっぱりアラスカ観光は大自然だと思います…。


|

« 井川の渡船と廃線跡(静岡県静岡市) | トップページ | 豊川の牛川の渡船(愛知県豊橋市) »

北米」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6066/42363646

この記事へのトラックバック一覧です: アラスカ縦断列車の旅:

« 井川の渡船と廃線跡(静岡県静岡市) | トップページ | 豊川の牛川の渡船(愛知県豊橋市) »