« スロープカーで博物館見物(岐阜県関市) | トップページ | スロープカーで展望台(愛媛県愛南町松軒山公園) »

2008/10/03

馬車鉄道で歴史観光(札幌市の北海道開拓の村)

Rimg3100
鉄道のもっとも原始的な動力は,馬力。日本でも,大正初年には営業用免許を取った馬車鉄道だけでも約40社ほどあったそうですが,昭和30年代には姿を消しました…。でも,今でも遊覧用ですが,馬車鉄道に乗れるところが2ヶ所ほどあります。そのうちのひとつ,北海道開拓の村の馬車鉄道に2005年7月19日に乗ってきたときの報告です。

場所はここ。

詳しい地図で見る

札幌市の郊外,JR函館本線の森林公園駅の東南2kmほどのところにあります。地下鉄東西線の終点でJR千歳線の特急とエアポート快速の停車駅でもある新札幌駅から,森林公園駅経由で開拓の村を結ぶバスが30分から1時間に1本程度出ています。バスの運賃は,新札幌駅,森林公園駅どちらからでも200円(当時)でした。開拓の村の入場料は830円,馬車鉄道料金は1回270円。500メートルを5分ほどで走ります。

Rimg2951
ちょっとピンボケで申し訳ないのですが,村の案内図(クリックすると拡大)。そう,この村は,北海道開拓時代の建物を集めた一種の歴史博物館です。左下の大きな建物が入口。はしご状の線が馬車鉄道。
Rimg3079
正門近くの乗り場,旧浦河支庁舎に馬車鉄道が到着したところ。当時は25分に1回の割合で運転していました。
Rimg3104
途中で反対側から同時に発車してきた馬車とすれ違います。ちなみに今は運転間隔が少し延び,30分から40分に1本になっています。ひょっとしたら,すれ違いはなくなっているかもしれません。
Rimg31011車内のようす。この馬車鉄道は,路面電車代わりに市街を走るタイプのものをモデルにしているようです。明治から大正にかけて,札幌や函館には,このような馬車鉄道が走っていたのでしょう…。

ちなみに冬期,雪が積もると馬車鉄道の代わりに馬ぞりが走るのだそうです。こちらもぜひ乗ってみたいところです…。

開拓の村,馬車鉄道や馬ぞりを抜きにしても,歴史好き,古い建物好きなら楽しめます。また,食堂では開拓時代をしのぶ屯田兵定食(1000円,けっこうおいしかったと思う)などもいただけます。村内には,見るだけで乗れないけど,森林軌道の車両も保存してありました。

乗り物好きの人にも,そうでない人にも,お勧めできる観光スポットです。

|

« スロープカーで博物館見物(岐阜県関市) | トップページ | スロープカーで展望台(愛媛県愛南町松軒山公園) »

トロッコ・遊覧鉄道」カテゴリの記事

北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6066/42674457

この記事へのトラックバック一覧です: 馬車鉄道で歴史観光(札幌市の北海道開拓の村):

« スロープカーで博物館見物(岐阜県関市) | トップページ | スロープカーで展望台(愛媛県愛南町松軒山公園) »