« リフトに乗って砂丘見物 | トップページ | 四国の山奥で森林鉄道と水力ケーブルカーめぐり(高知県馬路村) »

2008/11/18

ケーブルカーで温泉めぐり(徳島県三好市)

Rimg1315
全国には,ケーブルカーでしかたどり着けない温泉がいくつかあります。そんな温泉が2ヶ所あるのが,徳島県の祖谷(いや)渓。かずら橋の近くにある,「ホテル祖谷温泉」と「新祖谷温泉ホテルかずら橋」です。

まずは,ホテル祖谷温泉の報告。場所はここ。2003年10月17日と2006年10月14日に行きました。特に断りのない限り,2006年10月14日時点の情報です。

詳しい地図で見る

Pa170066
こちらはホテルから見た祖谷渓(2003年10月17日)。ホテルは祖谷渓ぞいの一本道に面しています。道は,山の中腹にへばりつくように走っているのですが,温泉の源泉は谷底。源泉の一部は,ポンプで道路沿いのホテルまで持ち上げているのですが,やっぱり源泉の近くが泉質はよい。そこで高低差170メートル,延長250メートルのケーブルカーで下って,温泉を使えるようにしているのです。トップはケーブルカーの写真。

ホテルの前は,阿波池田駅から祖谷渓(出合)経由のかずら橋行き四国交通バスが通ります(経由が違うと通らないので注意)。1日3本。私は,前後の予定の都合で,レンタカーで行きました。

Rimg1317入湯料は1200円(2008年11月時点では1500円)。タオル付きだったと思います。これでホテルの中にある展望大浴場,谷底の露天風呂,露天風呂に行くためのケーブルカーが全部つかえちゃいます。

車内のようす。上から。
Rimg13191
こちらは下から。
Pa170076
乗車時間は5分ほど。谷底の駅。
Pa170081
谷底の駅から見上げるホテル。

ここの温泉,ちょっとぬるいのですが,すごくいいお湯だと思います。昇り降りで冷えるので,長めにお湯をつかうのがいいんでしょうね…。こちらは,ケーブルカー好きだけでなく,温泉好き,一軒宿好きの人にもお勧めです。

で,祖谷温泉から,かずら橋方向に進んだところにあるのが,新祖谷温泉ホテルかずら橋。場所はここ。

詳しい地図で見る

こちらは阿波池田駅から大歩危峡・大歩危駅経由かずら橋行き四国交通バス(1日4本)も通ります。4月から11月の土日は,大歩危峡とかずら橋の間に区間便が1日4本走るので,かなり便利といえるでしょう。こちらは2003年10月17日に行ってきたときの報告。

Pa1700531
こちらの温泉は,小山の上に露天風呂があり,そこに登るためのケーブルカーです。

入湯料は1000円,タオルは100円でした(2003年当時)。
Pa170054
小屋みたいですね…。
Pa1700571
車内のようす。谷側をとったもの。外に見える石臼は,車両に付いているもの。飾りでしょうか,それとも重しでしょうか…。
Pa170055
ドアは手動。写っていませんがドアの右側には運転ボタンがあります。エレベータみたいなものですね。
Pa170059
露天風呂。こちらの露天風呂,景色はいいのですが,ちょっとカルキのにおいがしました。ケーブルカー好き,ながめのいい露天風呂好きの人向けですかね…。

ちなみに,この近くの祖谷ふれあい公園には,「てんとう虫モノライダー」という乗り物があります。てんとう虫型デザインの一人乗りモノレール。場所はここ。

詳しい地図で見る

2006年10月14日に乗りました。料金は400円(当時)。
Rimg1311ちょうどカメラの電池が切れたので,ほとんど写真が残っていないのですが,1枚だけ。下に見えるのがてんとう虫の触角。うーん,ここまでくるとものずきですかね…。

|

« リフトに乗って砂丘見物 | トップページ | 四国の山奥で森林鉄道と水力ケーブルカーめぐり(高知県馬路村) »

ケーブルカー・スロープカー」カテゴリの記事

中国・四国・九州」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルカーで温泉めぐり(徳島県三好市):

« リフトに乗って砂丘見物 | トップページ | 四国の山奥で森林鉄道と水力ケーブルカーめぐり(高知県馬路村) »