« 輪中渡船めぐり(岐阜県海津市、愛知県愛西市) | トップページ | 鳴門渡船めぐり(徳島県鳴門市) »

2010/12/16

ジグザグ鉄道で山登り(オーストラリア・リスゴー)

301

 旅行する人にとって、山越えは難所。トンネルや飛行機が普及するまでは、いったりきたりしながら山道を登ることも珍しくありませんでした。でもそんな山越えだからこそ、途中の景色やてっぺんでのいっぷくが楽しいもの…。オーストラリアのシドニー近郊、アデレード(Adelaide)やパース(Perth)と結ぶ鉄道の大陸分水嶺区間では1869年(明治2年)から1910年(明治43年)のあいだ、ジグザグのスイッチバックを使って山を越えていました。今ではその区間の一部が「ジグザグ鉄道」(Zig Zag Railway)として、当時をしのぶ観光用鉄道になっています。2010年5月8日に行ってきました。

 場所はここ。


より大きな地図で ジグザグ鉄道(Zig Zag Railway) を表示

 もよりは、シドニー・セントラル(Sydney Central)駅から近郊電車(CityRail)ブルーマウンテン線(Blue Mountains Line)で2時間40分、150kmほどのジグザク(Zig Zag)駅。先に紹介したカトゥーンバ(Katoomba)から40分ほど先に進んだところにあります。電車はほぼ2時間に1本。往復きっぷ(Return Ticket)は15.6豪ドル(2010年12月16日のレートで1297円)、土日休日に使える往復きっぷ(Off-Peak Return)だと10.8豪ドル(898円)。カトゥーンバに寄りながら行くなら、平日ならフリーきっぷ(20豪ドル、1663円)、土日休日ならジグザグまでの往復きっぷにカトゥーンバからジグザグまでのきっぷ(6豪ドル、499円)を組み合わせるとよさそうです。

 なお、ジグザグ駅はホームの短い無人駅。乗り降りする人がいないときは通過することになっています。ジグザグで降りるときは、電車のいちばん後ろにいる車掌さんにあらかじめ申し出て、電車のいちばん後ろの車両の後ろのドアから降りることになります。英語に自信がなくてもだいじょうぶ。車掌さんに「プリーズ・ジグザグ、ジグザグ!」と連呼すればわかってもらえるでしょう。

 さて、ジグザグで降りると、左手がジグザグ鉄道のボトム・ポイント(Bottom Point)駅。見取り図はこれ。

398

 下の青い線が近郊電車の線路。左側がシドニー方向。緑の線がジグザグ鉄道。今はシドニー方面の電車は、ジグザグ駅を出てすぐトンネルに入りますが、1910年までは、緑の線に沿って折り返して峠に向かっていたわけです。

 で、灰色の線に沿ってボトム・ポイント駅に向かいます。駅はこんなの。

261

 ホームを通って駅舎で往復きっぷを購入。28豪ドル(2010年5月当時のレートで2165円)。待っているとほどなく列車が到着。

264

 坂を下ってきたので、あまり煙は出ていませんね…。折り返しで乗車する列車になります。

 なお、ジグザグ鉄道は日によって運転時刻と使用車両が違います。蒸気機関車が走るのは、土曜、日曜、水曜。それ以外は原則としてディーゼル機関車(2010年)。日曜は蒸気機関車とディーゼルカーが交互に走り本数も増える日で、ディーゼルカーもなかなか魅力的だったのですが、私が乗ったのは土曜で蒸気機関車だけの日。

 ジグザグ鉄道のWebページはこちら。時刻表はこちら

 実はこれから向かうクラレンス(Clarence)駅は大きな道に面していて、車で乗り付けた人がクラレンスから往復するほうが、地元の人には一般的。なので、静かだった駅が折り返しのお客さんで一気ににぎやかに。

270

 蒸気機関車には人だかりが。

267

 蒸気機関車は給水を済ませると、列車の反対側へ移動。

289

 間もなく発車なので車内へ。これが客車(蒸気機関車連結前)。

276

 車内はこんなかんじ。

275

 さて列車は出発するとすぐに坂を登り始めます。

292

 10分ほどで列車は駅らしき場所に到着。

297

 ここはトップ・ポイント(Top Points)という名の信号場。列車が逆方向に折り返すための設備で、人が乗り降りするところではありません。

300

 でも機関車の付け替え時間を利用して外へ。ここは、ぜひ跨線橋の上から通過する蒸気機関車を眺めたいところ(トップの写真)。煙を浴びると10年長生きできるといいます(ウソ)。ちなみに橋の上からの景色はこんなかんじ。

371

 10分ほどの停車のあと折り返した列車は、今来た線路と、電車が走る線路を見下ろしながら進みます。

310

 この三段スイッチバックの風景は、1869年とさほど変わっていないのではないでしょうか…。

 さらに10分ほどで終点のクラランス駅。

325

 折り返し時間は40分ほど。このあと列車は、来た線路を逆に、ボトム・ポイント駅まで。ちなみにクラランス駅とボトム・ポイント駅の間は遊歩道があり、森の中を散策しながら歩けるようです。所要45分。そのための片道きっぷは18豪ドル。

 さて帰りの電車ですが、ジグザグ駅は黙っていると電車が通過する駅。

397

 そのためにホームに備え付けの緑の円板付きの棒をかざしてやって来る電車に合図する必要があります。フラグ・ストップ(Flag Stop)ですね。ぜひ電車を停めてみたかったのですが、スイスから来たという老夫婦にその役割を譲ってしまいました。ちょっぴり残念…。

291

391 私が訪れた当日は、ブライダル姿のカップルが私が降りたあとの列車にご乗車。貸し切りではなかったようなので今から考えるとちょっと不思議な気もするのですが、ともかく、紆余曲折しながらもいっしょに登っていくとはおしゃれです…。ご結婚おめでとう、末永くお幸せに(Happy Wedding! and have a happy life with your partner)。

 というわけでジグザグ鉄道。シドニーを訪問した乗り物好きには欠かせないポイント。ブルーマウンテンといっしょに回ると楽しいと思います…。

|

« 輪中渡船めぐり(岐阜県海津市、愛知県愛西市) | トップページ | 鳴門渡船めぐり(徳島県鳴門市) »

オーストラリア」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

読ませていただきました!!!

実は、ジグザグをあきらめていたので、
最高のコースです。
同じルートで絶対に回りたいと思います。

わがままついでに、もう少し聞かせてください。

最初は、ブルーマウンテンだけのつもりだったので
セントラル駅出発を8時18分のつもりでいました。

ジグザグ鉄道に乗ろうと思うと、もう1便前の方が
いいのでしょうか?
偶然にも私たちも土曜日に行くつもりなので、
蒸気機関車に乗ることができそうです!!
すっごくテンションが上がってきました↑↑

リンク先をちらりと拝見させていただきましたが、
蒸気機関のみということは、steamの時間のみを
見て予定を立てればいいということになるのでしょうか?
そうすると11時1時3時の3便のみですよね?

そして、これがジグザグ駅の出発時間ということで
いいのでしょうか?
あまりの嬉しさに舞い上がってしまい、落ち着いて
HPを読む状態でなくなってしまった私に手をかして
ください。よろしくお願いします。

投稿: まーちゃん | 2010/12/19 16:32

まーちゃんさん。

>セントラル駅出発を8時18分のつもりでいました。
>ジグザグ鉄道に乗ろうと思うと、もう1便前の方が
>いいのでしょうか?

ブルーマウンテンでブッシュトレイルも歩きたいなら1便前のほうがいいでしょうねえ…。

>リンク先をちらりと拝見させていただきましたが、
>蒸気機関のみということは、steamの時間のみを
>見て予定を立てればいいということになるのでしょうか?
>そうすると11時1時3時の3便のみですよね?

それはクラレンスの時刻。ボトム・ポイントは9時50分、11時50分、1時50分、3時50分かと。なお12月19日時点では2011年の時刻はまだ発表になっていないようです。詳細のスケジュールはPDFリンクで発表になる可能性が高いと思います(2010年はそうだった)。でも、1月15日はトーマスの日で特別ダイヤ、特別料金のようですのでご注意あれ(ジグザグ鉄道のトップページを参照)。

それではよいご旅行を。


投稿: | 2010/12/19 18:03

A氏さん

本当にありがとうございます。
恥ずかしいです。
見る所が違いましたね(^^ゞ

今日ジグザグのHPを見てみても、来年の
タイムテーブル載っていなかったですね・・・
さすがに、2週間後の予定ができていないわけは
ないと思い、ジグザグのHPにあるメール先に
来年のタイムテーブルを教えてくださいと
メールしてみましたが、Xmas&夏休み気分で、
対応が若干心配・・・
もちろん、私の英語も(-_-;)

ブッシュウオークするかどうかは、当日朝起きれ
たらってことで決定することにしまーす!!

A氏さんの丁寧な説明に本当に感謝しております。
これからも、A氏さんの素敵な旅を時々のぞくのが
楽しみです。
本当にありがとうございました!!

帰ってきましたら、報告させていただきたいと
思います^^

投稿: まーちゃん | 2010/12/21 19:06

こんにちは。

ジグザグ鉄道の詳細ありがとうございます。
少しわかりません。教えてください。

シドニーからの列車で、ジグザグ駅に着いて、ジグザグ鉄道に乗り換える駅は、ボトムポイント駅ですよね。
で、クラレンス駅を通ってトップポイント駅で折り返しということですか?
3駅とシティレールのZIGZAG駅の位置関係がわかりません。

今現在、調べてわかったところでは、シドニーに帰るにあたりZIGZAG駅での乗り継ぎが非常に悪い気がしています。
私の調査不足かもしれませんが、アドバイスおねがいします。

シドニーから日帰りで、ZIGZAG鉄道と、ブルーマウンテンを考えてます。両方を1日というのは、できますか?

11月の頭に行きます。

他の乗り物の記事も、とても参考になります。
いっぱい、乗りたいものができました。

よろしくお願いします

投稿: とことこ | 2012/09/25 13:13

PSです。

イベント列車の時刻見てました。
正規のを見ましたが、2011 AUGUSTとなってますが、その時に改定ということでいいのでしょうか?

これなら、1日でOKですね。

また、グーグル地図を見ると、ZIGZAG駅とクラレンス駅がとても近く、Bottom P がありません。
これ見ると、わからなくなります。

よろしくお願いします

投稿: とことこ | 2012/09/26 12:03

とことこさん。

>シドニーからの列車で、ジグザグ駅に着いて、
>ジグザグ鉄道に乗り換える駅は、ボトムポイ
>ント駅ですよね。
>で、クラレンス駅を通ってトップポイント駅で
>折り返しということですか?

シドニーからの電車のジグザグ駅のそばにあるのが
ジグザグ鉄道のボトムポイント駅。
そこからスイッチバックのトップポイント駅を通って
大きな道路沿いのクラレンス駅まで行って折り返しです。

>また、グーグル地図を見ると、ZIGZAG駅とクラレンス駅>がとても近く、Bottom P がありません。

グーグル地図ではジグザグ駅とクラレンス駅がそばにあるように書いてありますが、これはシドニーからの電車
のジグザグ駅とは別物。ここにはジグザグ鉄道のクラレンス駅しかないので、たぶんクラレンス(別名ジグザグ)駅という意味なんだと思います。

>イベント列車の時刻見てました。
>正規のを見ましたが、2011 AUGUSTとなって>ますが、その時に改定ということでいいのでしょうか?

あらためてジグザグ鉄道のWebページを見てみたのですが、トップページ(2012年9月27日現在)には、
「Zig Zag Railway has temporarily suspended services.
There will be no passenger trains until further notice.
We apologise for any inconvenience.」
(運転をお休みしています。あらためてお知らせする
まで旅客列車の運転はありません。ごめんなさい)と
出てますね…。
11月までに運転が復活するかはわからないので、こま
めにチェックすることをおすすめします。
なお、ジグザグ鉄道とブルーマウンテンを1日で行くの
は、早起きして、ブルーマウンテンを早足で回れば不可
能ではありません。私は1日で回りました。

投稿: | 2012/09/27 21:47

   A氏さん

重大な指摘、ありがとうございます。

えっー!!ってとこです。

時刻表しか見なかったですし、TOPを見たとしても、動いてないなどと考えもしてなかったし、難解な英語ばかりで、無視したでしょう。 CLOSEなんて、単語があれば読んだかな・・・

英語力なしですね~、今から、辞書引きます。

再開する事祈って、チェック、チェックです。

もしだめなら、A氏さんの紹介の、シドニー近郊の列車関係行きますね。こちらは、全く知らなかったとこなので、またまたありがたいです。

重ね重ね、ありがとございました。

お元気で。

投稿: とことこ | 2012/09/28 12:30

こんにちは^^

行ってきました!
残念ながら、ジグザグ鉄道は休業中でしたが、頼まないと停まらない駅、そして、フラッグ・ストップをやってみたくて行きました(^^)
短いホームに、緊急ボタン、フラッグとこれぞ!秘境駅
って感じで楽しかったです。
肝心のジグザグの汽車たちですが。。。残念なことに、野ざらしで、SL2台などが、淋しそうに停まってました。再開できそうな感じではなかったです。
あ~ぁ(泣)乗りたかったな~。

ありがとうございました。

投稿: とことこ | 2012/12/07 16:11

とことこさん。

>
肝心のジグザグの汽車たちですが。。。残念なことに、野ざらしで、SL2台などが、淋しそうに停まってました。再開できそうな感じではなかったです。

そうですか…。オーストラリアの保存鉄道は、ボランティア団体の自主運行が多いようで、数が多いかわりに、わりと簡単に運転休止になってしまう感じがします(シドニー駅の鉄道グッズ屋さんで買った保存鉄道ガイド「Australian Railway Heritage Guide 2010」を見ながら調べたときに感じた)。かかる経費と収入を考えれば、人件費がただだとしても持ち出しになりがちだろうし、蒸気機関車を安全に運転するにはお金のかかるボイラー点検などが定期的に必要なので、継続するのはたいへんなのでしょう…。

ちなみに、ボランティア団体の運営する保存鉄道は、英国や、意外なことに米国でも多いので、海外にお出かけの際は「Heritage Railway」でググったりして、通り道の近くにあったら寄ってみるとよいかもしれません。

投稿: 私はAと申します | 2012/12/08 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6066/50312117

この記事へのトラックバック一覧です: ジグザグ鉄道で山登り(オーストラリア・リスゴー):

« 輪中渡船めぐり(岐阜県海津市、愛知県愛西市) | トップページ | 鳴門渡船めぐり(徳島県鳴門市) »