ロープウエイ・ゴンドラ・リフト

2010/11/13

ロープウエイとケーブルカーでブルーマウンテンめぐり(オーストラリアのカトゥーンバ)

138

 「人間(じんかん)いたるところ青山あり…」。青山(ブルー・マウンテン)という地名は、世界中いたるところにあります。中でも世界的に有名なのはオーストラリアのブルー・マウンテン。世界遺産にも登録された自然が、そのままの風景で残ります。そこにかかっているシーニック・ワールド(Scenic World)のロープウエイとケーブルカー。2010年5月8日に行ってきました。

 場所はここ。


より大きな地図で カトゥーンバのシーニック・ワールド を表示

 もより駅は、カトゥーンバ(Katoomba)。シドニーから近郊電車(CityRail)、ブルー・マウンテン線(Blue Mountains Line)で2時間ほど。往復きっぷ(Return Ticket)は、いつでも使えるタイプで15.6豪ドル(当時のレートで1206円)、平日の午前9時以降と土日休日に使えるタイプ(Off-peak return)で10.8豪ドル(835円)。別ページで紹介するジグザク鉄道(Zig Zag Railway)など、近くをいっしょに回ったりするなら1日乗車券(Day Pass、20豪ドル、1546円)を利用するのもよいでしょう。

 電車は1時間に1本出ているので、シドニーからわりと気軽におでかけできます。シドニーの近郊電車はほとんど2階建てなのですが、なかでも中距離電車の位置付けのブルー・マウンテン線は普通の電車より椅子が豪華(日本の特急のように向きを変えられる)でトイレがついていました。行きは進行方向左側がながめがよいので、2階の左側に座って、サンドやお寿司(巻き寿司はオーストラリアでも一般的)、コーヒーといったほかの人に迷惑にならないものをいただきながら車窓を楽しむのもよいかもしれません。

 カトゥーンバ駅からシーニック・ワールドは距離にして3kmほど。登り坂になるので、歩いて行くのはちょっとたいへんです。でも大丈夫。トロリー・ツアーズ(Trolley Tours)エクスプローラー・バス(Explorer Bus)の2社が近くの観光ポイントを結ぶ巡回バスを出しています。1日乗車券(または1日乗車券とシーニック・ワールドなどの施設の利用券のセット)でしか乗れないのですが、ブルー・マウンテンの森を見下ろす断崖絶壁のエコー・ポイント(Echo Point)といった見逃せない景勝ポイントや、エッジ・シネマ(Edge Cinema、ブルー・マウンテンのドキュメンタリー映像が見れるらしい)を経由するので、時間が許す限り乗り降りして楽しむとよいでしょう。私は、駅でたまたま出発が早かったエクスプローラー・バスを利用。シーニック・ワールドの3種類の乗り物に1回ずつ乗れる利用券込みで58豪ドル(4885円)。同じ効力のきっぷがトロリー・ツアーズでは44豪ドル(3402円)。エクスプローラー・バスのチケットではトロリー・ツアーズには乗れません(逆もだめ)。

(2010年11月18日追記。行きが登り坂と書きましたが、行きは下りでした。ごめんなさい…)

 さて、カトゥーンバ駅からシーニック・ワールドのスカイウエイ乗り場まではバスで10分弱。

 こんなところ。正式にはスカイウエイ・イースタン・ステーションというらしいです。

118

 これが案内。

128

 スカイウエイは、切り立った崖でできた谷を渡って、シーニック・ワールドのトップ・ステーションと結びます。カトゥーンバ駅からのバスは、トップ・ステーションにも行きますが、ブルー・マウンテンの空中散歩を楽しむために、ここで降りたわけです。

 しばらくするとロープウエイのゴンドラがやってきました。

127

 このロープウエイは、かならず後ろから乗って前に降りるようになっているのと、つるべ式でなく1台の搬器(乗り物)がいったりきたりするのが珍しい。日本にはないタイプです。

133

 ロープウエイの真ん中はガラス張りになって、270メートル下の原生林を覗けるしくみ。大丈夫とわかっていてもちょっと怖いですね…。

 ロープウエイからのながめ。

134

 この一帯は、砂岩でできて浸食が激しいらしく、深くて雄大な谷が刻まれています。谷底は原生林になっており、谷底を散歩してもよし、上から景色を眺めるのもよしという世界的観光地になっているわけ。

 反対(進行方向右)側には滝が見えるらしいのですが、こちら側の展望に気を取られて、気づきませんでした…。

 ロープウエイを降りたら、谷底に降りるケーブルカー(シーニック・レイルウエイ)に乗り換え。ケーブルカーはこんなの。

144

 さっそく乗り込みます。

146

 乗るときの傾斜はそれほどでもないのですが、途中はかなり急。ふんばっていないと車両からころがり落ちそうな感じがしてきます。実際はそれほどでもない(時速14kmくらい)らしいのですが、スピード感もあります。足下に置いた荷物が心配でした…。

151

 シーニック・ワールドではこのケーブルカーを「世界一急勾配」とうたっています。実際に最急勾配は52度とかなり急ですが、米国のテネシー州には最急勾配72度のケーブルカーがあるらしいので、たぶん世界一最急ではないと思います…。ちなみに日本で一番急なケーブルカーは東京の高尾山にあるもので、最急勾配が31度だそうです。

 こちらが下の駅。トップ・ステーションから約2分、200メートル降りた谷底です。

157

 人を降ろすと、さっさと引き上げられていきます。世の中のだいたいのケーブルカーは、つるべ式になっていると思うのですが、ここはそうなっていませんでした。つるべ式でないところでも重しでバランスを取るのがほとんどだと思いますが、ここは重しもなかったような気がする…。どうなっているのでしょうか。

 もともとここは石炭の鉱山だったらしく、このケーブルカーも石炭運搬用だったようです。今は原生林になっていますが、ところどころ鉱山のあとの展示もありました。

 石炭鉱山だったころのトロッコ。

160

 石炭鉱山だったころから、週末には森林浴(Bush Walk)の観光客を乗せていたそうです。当時の車両。

162

179

 で、ケーブルカーで降りた原生林の谷は遊歩道が整備されています。しばし散歩。さまざまな遊歩道が整備されているので、全部歩こうと思えば何時間かかかるのではないでしょうか(たぶん)。

 歩いていると、やがてトップ・ステーションに登るロープウエイ(シーニック・ケーブルウエイ)の駅が。ケーブルカーの駅からまっすぐ歩けば10分足らずです。

 降りてくるロープウエイ。車体には「Cableway」(ケーブルウエイ)と書いてあります。ちなみにロープウエイのことは、英語圏では「ケーブルウエイ」や「ケーブルカー」(日本でいうケーブルカーは英語圏ではフニキュラー:Funicular)ということが多いようです。

186

 車内はこんな感じ。谷底から山を登るせいか、階段状になっています。こちらの最急勾配は39度だそうです。水平差は215メートル。

193

 見る見るうちに谷底から空中に。

202

 3分弱でトップ・ステーションに着きました。こちらのロープウエイも、つるべ式でなく搬器は1台だけ。よっぽど強力なモーターで動かしてるんでしょうか…。

 ケーブルカーで降りてロープウエイで登るのが一般的なようですが、逆回りも可能だそうです。後ろ向きで登るケーブルカーも怖さが増していいかもしれませんね…。タクシーやレンタカーで来た人はシーニック・ワールドだけのきっぷを買うことも可能。その場合。ロープウエイおよび/またはケーブルカーで谷底へ往復するきっぷが21豪ドル、さらにスカイウエイで谷を横断して帰ってくると28豪ドルだそうです。

 私はここからバスに乗って、エコー・ポイントでいったん下車。そこから歩いて駅に帰りました(バスが昼休みになって、ちょうどよい便がなかった)。

208

 というわけで、ホントに世界的な観光地のブルー・マウンテン。シドニーにお出かけのときは、ぜひ行かれることをおすすめします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/11/16

リフトに乗って砂丘見物

P1010383

鳥取といえば砂丘。その鳥取砂丘には,世界的にも珍しい砂丘見物用のリフトがあります。Googleで「Chairlift Sand dunes」と検索しても,リフトつきの砂丘は鳥取砂丘以外に見つかりませんでした。ひょっとしたら世界唯一の砂丘見物リフトかもしれない…。というわけで2007年5月3日に行ってきたときの報告です。

場所はここ。

詳しい地図で見る

なんとなく,巨大砂丘を登るか乗り越えるリフトを想像していたのですが,そうではありませんでした。砂丘を見下ろす展望台から,砂丘に降りていくためのリフト。冷静に考えれば,そりゃそうですよね。砂丘は移動する砂のかたまり。砂丘そのものにリフトを作れば,すぐに埋もれてしまうか,支柱が倒れてしまいそうです…。鳥取駅から日本交通の鳥取砂丘行きのバスにのり,砂丘展望台(地図では砂丘センター)で下車。当日はゴールデンウィークで渋滞していましたが,30分ほどで到着。360円でした。

P1010386まずは展望台で砂丘見物(トップの写真も)。俯瞰する砂丘は,なかなかいいもんですね…。
P1010389
で,リフトに乗車。リフトは往復で300円。
P1010390
5分ほどで砂丘に到着。
P1010414
こちらが砂丘側のリフト乗り場。
P1010391
そばにはラクダ乗り場もありました。行列ができていました。

私は30分ほど砂丘散歩。
P1010402
少し歩くと人気のないところもあります。
P1010409
砂丘を登りきると,海が見えました…。
P1010415
砂丘を登ったり下ったりしていたら,靴の中が砂だらけになってしまいました…。帰りに気付いたのですが,リフトの利用者は長靴が借りられるようです。長靴は長靴で歩きにくい気もするけど,どうなんだろう…。

実は,バスの終点,鳥取砂丘バス停は,リフトの砂丘側乗り場のそば。だから,バスで砂丘を訪れるのなら,リフト好きの人以外リフトで往復する必要はないと思います。でも展望台から見る砂丘もよいもの。鳥取砂丘に行かれるなら,片道はリフトを利用されることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

びわ湖バレイ

ちょっとさかのぼりますが,2008年3月2日,びわ湖バレイに行ってきました。
P1040676
スキー場まで上るロープウェイです。2月19日から,新型ロープウェイが使われているのだそうです。121人乗り(国内最大級?),秒速12m(こちらは間違いなく国内最速)です。それでも当日午前9時ころは,行列ができており,ほぼ6分おきにピストン輸送していました。4回(20分待ち)程度で乗車できました。

P1040680

ロープウェイからはびわ湖が見えました。天気が良いとゲレンデからも見えるらしいですが,当日は見えませんでした。

ちなみにロープウェイはトップスピードで支柱を通過するので,そのタイミングで大きく上下にピッチングします。怖がっているお子さんもいました…。
Q1040690
ゲレンデの地図です。クリックすると大きくなります。ちなみにリフトは全部乗りました。
P1040684

ロープウェイを降りたところから尾根方向にゲレンデを望んだところ。こちらから下っていくのが打見ゲレンデ。遠く反対側から下ってくるのが蓬莱ゲレンデ。打見ゲレンデは大変混んでいました。
P1040687

こちらはジャイアント・リフトの乗り場。クワッドとペア両方が平行運転していたのですが,ちょっとバブル期を思い出すような混み方でした。

というわけで,お昼で切り上げて,家に帰りました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)