北海道

2011/06/01

石狩川の美浦渡船(北海道浦臼町)

069

 石狩川は北海道一、日本でも二番目の流域面積を誇る大河。そんな石狩川には、渡船が一ヶ所だけ残っています。浦臼町と美唄市を結ぶ美浦渡船です。2010年6月26日に行ってきました。

 場所はここ。

 ここ美浦渡船は、新潟県から入植した開拓の人が、1916年(大正5年)に「関矢渡船」として開設したという歴史があるようです。現在では浦臼町と美唄市の共同管理でただ(税金で運航)。運航は、6月から9月の土日祝日、午前8時、正午、午後4時の3便で要予約(予約の電話番号そのほかの案内はここ)。ほかの多くの渡船と同じように、自動車が中心の世の中では徒歩で渡船に乗る人はほとんどなく、車で乗り付けた観光客が利用の中心のようです。

 なお、渡船と平行して美浦大橋が2011年3月26日に開通したため、美浦渡船の運航は2011年9月限り。さびしいですが、廃止になっても実際に困る人はおらず、いままで乗っていた観光客も地元にお金をそんなに落としていたとも思えないので、しかたがないところですね…。

 公共交通機関を使うなら札沼線の晩生内(おそきない)駅から3kmで歩いて1時間、函館本線の茶志内(ちゃしない)駅から5kmで歩いて2時間弱というところでしょうか。おそらく昔の人は便利だった函館本線の茶志内駅から美浦渡船まで歩いていたのではないかとも想像するのですが、私は岩見沢でレンタカーを借り、月形(明治時代に政治犯の囚人労働の拠点になった町として有名)で一泊して、翌朝8時に浦臼町側へ。

068 入口に立つ看板。

 船着場に着くと、美浦渡船最後の船頭の国田さんが準備をしながら待っていてくださいました(トップの写真)。前日に雨が降ったこともあって、船着場は泥でぬかるんでいてなかなか大変な状態。下流にはそのときはまだ建設中だった美浦大橋も見えます。

074 あいさつもそこそこに船に乗り込むと、さっそく出航。対岸に渡るだけだとあっという間なのですが、車でやってきたので対岸で降りずに戻ってもらい、ついでに上流までまわっていただけたので約20分の航海。

086

 札幌の近郊をかすめる石狩川も、ここらへんまで来ると自然度が高いように思えます。カヌーで水遊びとかできたら楽しいのではないのでしょうか。しかし船頭の国田さんの説明によると、今は原生林のように見える周囲も、ひところは人家が立ち並んでいたんだそうです。ここらへんは水田地帯のようですが、農業の大規模化が進み、住んでいる人が減るにつれ、こんな風景になったのではないでしょうか。

088

 当日は前日の雨で水位も高かったようです。

097

 美浦大橋を望みながら船着場へと戻ります。

107

 石狩川を楽しむという意味ではなかなかよかったのですが、一人のために準備や片づけをしていただいて、ちょっともうしわけない気持ち…。ありがとうございました。

111

 というわけで、もうすぐなくなる美浦渡船。石狩川をのんびり楽しみたい方は、おはやめの乗船をおすすめします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/08/30

北海道最古の線路を軌道バイクと蒸気列車で走る(北海道三笠市)

019

 北海道の最初の鉄道といえば、1882年(明治15年)に開通した官営幌内鉄道。手宮(小樽市総合博物館のあるところ)から札幌、岩見沢を経由して幌内を結んでいました。両端にあたる手宮 - 小樽築港と、岩見沢 - 幌内の区間は廃止されてしまっているのですが、幌内側の一部区間は、トロッコと蒸気列車で残された線路を走ることができるようになっています。

 場所はここ。

 トロッコはポインタで示した場所(クロフォード駅)から地図の右下にある三笠鉄道記念館の手前までの間、片道2.5kmを往復します。蒸気列車は、三笠鉄道記念館からポインタに向けちょっとだけ走って往復します。どちらも折り返し点では乗車/下車できないので、乗りついでクロフォード駅から鉄道記念館に行くことはできません。両方を楽しむには、クロフォード駅と鉄道記念館の間を何らかの手段で移動する必要があります。

 では、まずはトロッコから(トップの写真も)。2010年6月25日に行ってきました。

 このトロッコ、三笠トロッコ鉄道といいます。Webページはこちら。2010年の運行期間は4月29日から10月15日まで。月曜(月曜が祝日の場合次の平日)はお休み。料金は、自分で運転する場合は1200円が基本。同乗する人も別途料金がかかります。なお、自分で運転するには自動車の運転免許が必要。誰も運転できない(したくない)場合は、係りの人に運転してもらうこともできるようです。詳しくは事前に問い合わせることをお勧めします。

 さて、トロッコの乗り場は三笠市の市街地の南。岩見沢駅(岩見沢ターミナル)から北海道中央バスの三笠線で30分ほど、430円の三笠市民会館下車。そこから南に10分ほど歩いたところ。バスの時刻表はこちら(PDFファイル)

 こちらが受付。

009

 受付を済ませて乗り場へ。

018

 係員の人(写真左)が車両を用意してくれます。運転方法の説明を聞いて乗車(基本はアクセルとブレーキだけなので、そんなにむずかしくない)。

027

 踏切ではいったん停止。ちなみに周囲は北海道としてはわりと開けた場所で、ところどころに住宅などがあったりするのですが、約130年前に開通したとき、まわりは原生林だったのではないでしょうか(まったくの想像)。

 10分弱で折り返し点に到着。

030

 車両の向きを変えて、再出発。

035

 線路の上をトロッコで走るのは、なかなか楽しいですね…。

 次は、三笠鉄道記念館の蒸気機関車。こちらは2006年5月20日の記録です。

Rimg0585

 三笠鉄道記念館は、先ほど紹介した三笠市民会館から三笠市営バスで8分のところ。バスは1時間から2時間に1本というところです。時刻表はこちら(PDFファイル)。トロッコとはしごされる方は、トロッコもよりの本町バス停を通りますから、そちらを利用されるとよいでしょう。ちなみに私は千歳空港からレンタカーを利用しました…。

 三笠鉄道記念館の開館は4月16日から10月15日まで(月曜休館、月曜が休日の場合は翌平日休館)。そのうち、土曜、日曜祝日(7月下旬から8月中旬の夏休み期間は毎日)に300mほどの線路を蒸気機関車が往復します。土曜は12時と、13時から16時までの30分ごと。日曜祝日は10時から12時と13時から16時の30分ごと。

 鉄道記念館の入場料は520円、蒸気機関車列車の乗車料金は200円。記念館の展示に興味がなければ蒸気機関車の料金だけで乗車できたはず(うろ覚え)。三笠鉄道記念館の案内はこちら

 蒸気機関車は室蘭で入れ換え(工場と駅の間で貨車を運ぶ)用として働いていたもの。機関車に「テツゲン」と書いてあるのは、「鐵原」という会社のものだったからだみたいです。ちなみに鐵原は、「製鐵原料輸送」の略。製鐵工場向けに原料を運ぶほか、コークス(製鉄などに使う石炭の蒸し焼き)も生産していたらしい。機関車の反対側には「暖房はコークス」と、当時の宣伝らしきものも書いてありました…。

Rimg0590

 ちなみにここの機関車は、コークス焚きでも、煙のあんまり出ない重油焚きでもなく、昔ながらの石炭焚き。煙たくていい感じです…。

Rimg0588

 車内はこんな感じ。

Rimg05841

 短い距離を行って戻ってくるだけなのであっという間なのですが、なかなか楽しかった…。

Rimg0587

 訪問した当時はなかったのですが、2010年現在、三笠鉄道記念館では「SL機関士体験」を実施しています。学科講習を受ける必要があるうえ、お値段もちょっとかさむ(初回1万5000円)のですが、石炭くべといった下積みなしで機関士体験ができるので、いいかもしれないですね…。

 というわけで、札幌周辺で気軽に楽しめる線路跡スポット、いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/16

軌道バイクで廃線めぐり(北海道美深町トロッコ王国美深)

Rimg3589

乗り物好きにとって,乗り物の運転はあこがれ。線路の上を走る列車の運転ができないからと,自動車を運転してうさを晴らしている人も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫。北海道の山奥に,列車が走っていた線路で,乗り物(軌道バイク)を運転できるところがあります。美深(びふか)町仁宇布(にうぷ)の「トロッコ王国美深」。2005年8月17日に行ってきました。

場所はここ。

旭川と稚内を結ぶ宗谷本線の特急停車駅,美深からバスで30分のところ。バスの時刻を含む案内はここ。私は,旭川でレンタカーを借り,ほかのところを回ってから向かいました。まっすぐ行けば旭川から2時間半というところでしょうか。

こちらは,1985年まで国鉄美幸線が走っていたところ。美深と,オホーツク沿岸の北見枝幸を結ぶはずだったのですが,いろいろあって美深と仁宇布を結ぶだけで終わってしまった路線でした。沿線にあまりにも人がいなかったため乗る人も少なく,北海道のほかの多くの国鉄路線と運命をともにしてしまいました。

その廃線跡を,仁宇布駅から往復10kmほど軌道バイクで走れるわけです。

到着すると国鉄時代からの駅舎で受付。料金は1人1200円(2009年現在,1人で運転する場合は1500円)。ちなみに,運転する人は自動車免許が必要。軌道バイクは一人乗りではないので,ほかの人が運転するなら免許は不要。誰も運転できない場合は,スタッフの方が運転してくださるようです。詳しくは直接問い合わせることをお勧めします。

車両は,こんなのや,

Rimg3577

こんなの。

Rimg3578

いずれも,小さなガソリンエンジンがついています。船用でしょうか?

線路は単線なので,途中ですれ違うことはできません。このため,先に出発したグループが帰ってくるまで,次のグループは出発できません。往復40分ほどかかるので,運が悪いと1時間ほど待つこともあるんじゃないかと思います。私は運よく,すぐ出発できました。

Rimg3579

しばらくは原野を走るのですが,すぐに原生林の中へ。

Rimg3590

Rimg3595

Rimg3593

Rimg3596

ちょっとエンジンがうるさいけど,景色はいいですね…。

20分ほどで,終点に到着。

みんなの到着を待って,

Rimg3582

方向転換。

Rimg0138

今来た線路を帰るわけです。

Rimg3591

近くには日本最北の高層湿原,松山湿原もあります。ちょっと遠いですが,気分転換にいかがでしょうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/02

北海道の山奥で森林鉄道(遠軽町丸瀬布森林公園いこいの森)

Rimg3568

夏になると,涼しいところに出かけたいもの。国内の涼しそうなところで乗り物が楽しいのは,北海道遠軽町丸瀬布で動いている森林鉄道のSL,雨宮(あめみや)21号。値打ちものの森林鉄道のSLが引く列車に乗って,オートキャンプ場の中ながら,約2km,10分ほどの旅が楽しめます。2005年8月17日に行ってきました。

場所はここ。

旭川と網走を結ぶJR石北線のちょうど中ほど,丸瀬布駅から約9kmのところにあります。案内はここ。中のWebページを見ると,丸瀬布駅から1日3本バスが出ていることがわかります。15分,250円。私は旭川でレンタカーを借りて向かいました。2時間半ほどかかりました。

2009年の運行は,土日祝日,北海道の短めの夏休み期間中は毎日。午前10時から午後4時半まで1時間か30分ごとに出発することになっています。料金は500円,4歳以上中学生までは250円。

Rimg3543

こちらが発車を待つ雨宮21号の列車。丸瀬布には1963年(昭和38年)まで森林鉄道があったのですが,そこで1928年(昭和3年)から走っていたSL。スクラップになるところを当時の丸瀬布町が譲り受け,1982年(昭和57年)からここで走っているということのようです。ちなみに明治の鉄道王,雨宮敬二郎が設立した雨宮製作所が製作したSLなので雨宮号。なぜ21号なのかはわかりませんが,森林鉄道のSL好きの人にとっては涙がでるほど貴重な一品のはず。

Rimg3549こちらがきっぷ。

Rimg3548客車。屋根なしのほうが人気がありました。

Rimg3570

キャンプ場の中を8の字のコースで走るのですが,乗りでがあって楽しいです…。キャンプをしている人も目の前をSLが通るのは楽しいでしょう。

Rimg3564

車庫。左端の黄緑色の客車は,1925年に作られ,岡山県の井笠鉄道,東京都の西武鉄道山口線(今は新交通システムになっているところ)で活躍した貴重なもの。残念ながら,当日は走っていませんでした。

Rimg35551乗り物好きのかただけでなく,キャンプ好きなかたにもお勧めのスポットです。北海道に旅行されるとき,近くを通る機会があれば,立ち寄ってみてはいかがでしょうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008/10/03

馬車鉄道で歴史観光(札幌市の北海道開拓の村)

Rimg3100
鉄道のもっとも原始的な動力は,馬力。日本でも,大正初年には営業用免許を取った馬車鉄道だけでも約40社ほどあったそうですが,昭和30年代には姿を消しました…。でも,今でも遊覧用ですが,馬車鉄道に乗れるところが2ヶ所ほどあります。そのうちのひとつ,北海道開拓の村の馬車鉄道に2005年7月19日に乗ってきたときの報告です。

場所はここ。

詳しい地図で見る

札幌市の郊外,JR函館本線の森林公園駅の東南2kmほどのところにあります。地下鉄東西線の終点でJR千歳線の特急とエアポート快速の停車駅でもある新札幌駅から,森林公園駅経由で開拓の村を結ぶバスが30分から1時間に1本程度出ています。バスの運賃は,新札幌駅,森林公園駅どちらからでも200円(当時)でした。開拓の村の入場料は830円,馬車鉄道料金は1回270円。500メートルを5分ほどで走ります。

Rimg2951
ちょっとピンボケで申し訳ないのですが,村の案内図(クリックすると拡大)。そう,この村は,北海道開拓時代の建物を集めた一種の歴史博物館です。左下の大きな建物が入口。はしご状の線が馬車鉄道。
Rimg3079
正門近くの乗り場,旧浦河支庁舎に馬車鉄道が到着したところ。当時は25分に1回の割合で運転していました。
Rimg3104
途中で反対側から同時に発車してきた馬車とすれ違います。ちなみに今は運転間隔が少し延び,30分から40分に1本になっています。ひょっとしたら,すれ違いはなくなっているかもしれません。
Rimg31011車内のようす。この馬車鉄道は,路面電車代わりに市街を走るタイプのものをモデルにしているようです。明治から大正にかけて,札幌や函館には,このような馬車鉄道が走っていたのでしょう…。

ちなみに冬期,雪が積もると馬車鉄道の代わりに馬ぞりが走るのだそうです。こちらもぜひ乗ってみたいところです…。

開拓の村,馬車鉄道や馬ぞりを抜きにしても,歴史好き,古い建物好きなら楽しめます。また,食堂では開拓時代をしのぶ屯田兵定食(1000円,けっこうおいしかったと思う)などもいただけます。村内には,見るだけで乗れないけど,森林軌道の車両も保存してありました。

乗り物好きの人にも,そうでない人にも,お勧めできる観光スポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/17

クルーザーで知床岬観光

P1010940暑くなってくると,涼しいところに行きたくなります…。日本で有数の涼しさを誇るといえば,知床岬。2007年7月13日にクルーザー(小型の遊覧船)に乗って見物してきました。そのときの報告です。

P1010899私が乗ったのは,ウトロからの遊覧船。ウトロは,知床岬の北岸にある観光の中心地です。南岸の羅臼からもクルーザー型の遊覧船があるようです

ウトロからの遊覧船は船の大きさで2パターンあります。右の写真で右手前に見えるのがクルーザータイプの遊覧船,左奥に見えるのが大きな遊覧船。大きな遊覧船は1社ですが,クルーザータイプは何社も運航しています。出航時刻はどこも午前10時が基本のようです。私は,ドルフィンというところのクルーザーにしてみました。事前に特別な情報があったわけではなく,ただ単純にバスを降りたところから近かったからです…。ちなみに所要時間は3時間半で8000円。

乗ってみてわかったのですが,航路に違いがあるのは,大きな遊覧船とクルーザータイプの間。大きな遊覧船は割と沖合いをゆったり進みます。クルーザータイプはスピードが速く,岸に近づくこともしばしば。ヒグマやアザラシを間近に見たいならクルーザータイプがお勧めです。どちらにしても,双眼鏡を持って行くことをお勧めします。クルーザータイプは,時間的な前後はあるもののほぼ同じようなところを運航するようです。クルーザータイプの中で選ぶとしたら大きさと客室くらいですかね…。

ちなみに,海の上はウトロの町より寒いです。で,クルーザー遊覧船はウインドブレーカーを貸してくれます。私はデッキで見物しました。当日は定員いっぱいだったので舳先で座る人もいました。寒がりの人は舳先はやめといたほうがよいと思います…。

P1010904途中ではアザラシを見たり,
P1010919ヒグマを見たり。

ヒグマは何頭も見ました。必ずといっていいほど遭遇できるのではないでしょうか。
P1010935途中滝なども見物しながら,進みます。

知床岬に着いたのは11時50分ころ。この近辺は上陸禁止地帯なので眺めるだけ(トップの写真)。写真にはうまく残せなかったけど,はるかかなたに国後島も霞んで見えました。ちなみに,ここらへんで漂流して国後島に近づくとロシアに拿捕されちゃうそうです。遊覧船のエンジンが故障してしまったら…。

P1010949実際,同じ時刻に出発したクルーザー遊覧船のうち一隻は,エンジンが故障してしまいました。

でも大丈夫。クルーザー遊覧船は別の会社でも連絡を取り合って,いざというときは助け合うようになっています。こちらの船内に「もしかしたら何人かお客さんを乗せるかも」というアナウンス。近づいて様子を見ていたら,直りました。よかったです…。基本的に同じ時間に出航するのは,いざというときに助け合うためという理由もあるようです。

P1010953ちょっとしたアクシデントにもめぐり合い,わくわくどきどきしながら過ごすことができました。野生動物好き,自然景観好き,岬好き,遊覧船好きの方にはぜひお勧めしたいコースです。ちょっと高くて時間もかかるけど,それだけのことはあると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

DMVでオホーツク観光

P1020289「DMV」という乗り物をご存知でしょうか。「Dual Mode Vehicle」の略で,一言でいうと,線路も走るバスです。JR北海道がローカル線活性化策として,2002年ころから開発を進めています。2004年に試作車が完成。2007年4月からは,網走や知床にほど近い浜小清水を起点に,試験的営業運行が始まりました。観光バスみたいなものですが,バスが線路の上を走ったり,線路走行と道路走行を切り替えるのは,乗り物好きとしてはたまりません…。

試験的営業運行は4月から9月まで。今年もやっています。昨年に比べて今年はそれほどの人気はなく,まだまだ空席は多いようです。近くは原生花園,少し行けば網走(網走監獄や北方民族博物館がおすすめ)や知床(遊覧船がおすすめ)といった観光地と組み合わせると楽しいと思います。というわけで,2007年7月15日に乗車したときの報告です。

といっても,DMVの乗車報告はいろんな方がされています。野田隆さんの「DMV試乗完全ガイド!線路と道路を走るバス」なんかがお勧めです。というわけで,ほかであまり紹介されていない写真を何枚か紹介するだけにします。

P1020248
ちなみにDMVは,観光バス+貸切列車ということになります。道路上は網走バスの観光バス。線路上はJR
北海道の貸切列車。運転手さんも違います。浜小清水駅を出発するときは,駅裏の広場から少しだけ道路を走り,駅構内で列車に切り替え,2駅走ってバスになり,浜小清水に戻ってきます。その最初の切り替え。運転手さんが交代したあと。バスから列車への切り替えボタンを扱っているところ。右上の操作スイッチを扱うことで,鉄道用の車輪が降りてきて,バス用のタイヤが前輪は完全に浮き上がり,後輪は負担重量が減るしくみです。

P1020256これがその操作スイッチ。
P1020249鉄道車両としても走るのでATSそのほかの表示パネルも追加されていました。
P1020254時刻表。なにやら興味深そうなことが書いてある下半分は撮れませんでした…。

P1020268
浜小清水駅の裏手の小高い丘の上には展望台があります。そこから撮った浜小清水駅とDMV(左上の黄色いの)。画面中央下と右下に遮断機が見えますが,DMVがバスから列車に変わるのはこの2本の遮断機の間。私はあまり写真に興味はないのですが,ここで三脚を使って望遠でねらうと,きれいな写真が撮れると思いますよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)