韓国

2009/10/19

韓国おやつめぐり

P10109661

海外旅行で困るのは食事。その国のごはんが口に合わないと,おなかがすくけど食欲もわかないということになりがちです…。でも大丈夫。人形焼からパンケーキまで,はずれのないおやつは(たぶん)世界どこにでもあります。

というわけで,韓国に行ってきたときに,おいしかったおやつの紹介。ちなみに私は韓国語がまったくできません。ので,正確な店名や商品名はわからないことをお断りしておきます。

まずは,2009年8月22日,東大邱駅(Dongdaegu Sta.)のホームの売店で買ったおやつ。東大邱駅は韓国新幹線(KTX)も停まる,大邱市の中心駅です。

大まかな場所はここ。

98年に東大邱駅に寄ったときに,大変おいしいおやつに遭遇した思い出があって,列車の乗り換えの時間に探してみました。当時の売店は改札の外,古めかしい駅舎の中にありました。が,今は改築されてそこにはそれらしき売店はなく。おやつを求めてさまよっていたら,ホームの階段の裏に売店がありました。

で,3種類売っていたので,全種類,いちばん小さな袋入りで求めました。わざわざ,遠くから来たのですから。

これは「マンジュリア」。11個入り2000ウォン(当時のレートで151円)。

P10201941

P10201921甘さ控えめのあんこがちょっと入っている,人形焼の小さいのと考えればよろしいでしょう。人形焼よりふっくらしていて,ぱくぱくおいしくいただけるお菓子。買った袋は作り置きだったのですが,実演販売でちょっぴり暖かかったのもうれしい。こんな袋に入っています。

P10201931袋の横の表記。

「確か11年前に食べたのもこれ」と思いながら食べたのですが,実はぜんぜん違いました…。

9872514s11年前,1998年7月24日に買ったのがこちら(名前不明)。気難しそうなおじさんが焼いていたのを思い出します。こちらは何個入っていたかは不明ですが1000ウォン(当時のレートで約110円)。

人間の記憶ってまったくあてにならないですね…,て,一般化しすぎですね…。

ちなみに今回いただいた「マンジョリア」,ソウル地下鉄の水西駅(Suseo Sta.)でも売ってました。袋をよく見ると,「ソウル食品」とあるし,書いてある電話番号はソウルの市外局番。ナショナルブランドのようです。

次は,名前不明のお菓子。こちらは6枚で3000ウォン(226円)。

P10201861

どら焼の小さなのとお考えいただければよいでしょう。どらやきより皮がしっとりしていて,こちらもおいしいです。

P10201821袋。ちなみにこちらも実演販売の作り置きでしたが,そんなに出来立て感はありませんでした。

P10201831P10201841

袋に書いてあった内容。韓国語わかる方なら役に立つかもしれません。ちなみにWebページにアクセスしてみたら,本社がソウル近郊にある会社。こちらもナショナルブランドのようです…。

3番目は胡道餅(読み方不明)。3個で2400ウォン(181円)。

P10202011

P10201981こちらは,大判焼のようなもの。ただし,表面がパンのように乾いて硬かった印象が。私の口にはあまり合いませんでした…。決して食べられないほどまずいというわけではないのですが。

こちらも2番目と同じ電話番号が袋に書いてありました。こちらもナショナルブランドということですね。

で,こんどは正真正銘のローカル・ブランド。天安名物くるみまんじゅう(ホドカジャ)。2009年8月23日に買ったもの。10個で2000ウォン(151円)。

P10203231

天安の場所はこちら。

買ったのはホームの売店。あとから調べたら,駅前にホドガジャのおいしい店があるらしい。でも,この売店のも十分おいしかった。くるみの固まりがはっきり入っているわけではないのですが,あんから木の実風味を感じます。

韓国では老若男女を問わず,名前不明のバナナ牛乳みたいな飲み物をよく飲むみたいです。ヤクルトを大きくしたみたいな容器に入っていて,240mlで1000ウォン(75円)。焼き菓子によく合います。

P10109611

ちなみにトップの写真は,ソウルの鐘路3街にあった,トースト屋さん。こちらもナショナルブランドで,韓国のいたるところで見かけました。2009年8月20日の朝ごはんに食べたスペシャル・トースト2000ウォン(151円),アメリカン1500ウォン(113円)。なんでおやつの記事なのに載せたかというと,おやつのように甘かったからです。こういう予期せぬ甘さは,びっくりします…。

というわけで,やっぱり海外旅行の楽しみは,お菓子買い食いですよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)